* 雪上テスト
2001.12.9
タイヤをスタッドレスに交換したので、雪上テストをするべく、秋田県森吉スキー場へGO!
出発時秋田市は道路が乾いていたけれど、スキー場が近づくにつれ雪が道路に付きだし、圧雪状態へ。そして雪がどんどん降り出し道路は新雪状態に。こ・こわい・・・
タイヤはヨコハマガーデックスK2。乾いた道路ではもちろん夏用タイヤには劣るものの、通常に走る分には問題ないんじゃないかなー。音も思ったよりはうるさくないし。
圧雪上ではしっかりと雪を咬んで走ってくれます。多少滑って怖かったけど、これはタイヤの性能が悪いのではなくて、smartのホイルベースの短さの問題でしょうね。今回は凍結路はなかったので判りませんが、なかなかいいのではないでしょうか。
スキー場に到着! 吹雪で山の上の方は見えません。
駐車場の端っこで雪と戯れてみました。
発進時、アクセルを思いっきり踏んでみると、トラクションコントロールが働き、滑らずに発進出来ました。
ハンドルを切ったままで発進しても、横滑りしたとたんに回転数を制御してくれるためアクセル踏みっぱなしでも普通に発進できます。
走行中はチェーンの後の凸凹などでもトラクションコントロールが働きますが、アクセルを踏んでいないときは作動せずそのまま横滑りしてしまうようです。
なので、下りのカーブなどではより慎重な運転が必要ですね。
さて、ABSのテストもしてみなければ・・・
圧雪上で思いっきりブレーキを踏んでみると、左足にゴツゴツと振動が伝わってきてABSが効いてるのが判ります。
が、走行中滑る道路でブレーキを踏んでも効かない場合がありました。
きつめにブレーキを踏むとガツガツと効きだします。
乾いた道路ではコツコツといい感じに効くようですが・・・ 
濡れた路面で制動距離がそんなに伸びない効き方するのでしょう。
冬道のブレーキはABSがないものとしてじわっと踏んだほうがいいみたいです。
止まりそうなところで突然コツコツいったりしますが。
さて、遊んだし、寒いし、とっとと撤収です。帰りも雪がどんどん降ってきてすっかり冬景色。秋田市に入るまですっとこんな感じでした。
スタッドレスタイヤ・トラクションコントロール・ABSとテストしてみましたが、smartのホイルベースが短い為、ちょっとした段差や轍への乗り上げであっさり車の向きが変わってしまいます。横風にも弱いのでフラフラしてしまいます。その点をふまえて、慎重な運転が必要なようですね。
手に汗握る第1回雪上テストはこれにて終了です。(第2回はあるのか・・・?)
<<表紙