* 時計の修理(32号)
2004.1.24
32号の時計、ちゃんと動かなくなってから10ヶ月。
時計はオプション品なので、保証は1年なのだそうです。
買うとなると、ちょっといい値段だし、ナビがついているので時間わかるしで、ずぅ〜〜〜っとほっておいたのですが。。。
オトシンさんが、時計の枠を使うのに中古の時計を手に入れたらしく、中身はいらないということでwaka884さんを介して、譲って頂きました。
本当にありがとうございます♪
で、いよいよ修理!
修理はwaka884さんにやって頂きました。重ね重ね感謝です。
修理の様子を報告しておきますね〜

一応書いておきますが、これはあくまで報告です。
皆さんが自分で交換や修理する場合は自己責任で行って下さい。
真似してなにかあっても、責任は負いかねます。
まずは、時計を外します。
中央上面の三角のパネルを外し(マイナスドライバーなどでこじ開けますが、無理にあけて壊さないようにね)、時計のコードを抜きます。
時計を固定している3本のねじを外して、引っ張り出します。
コードの端をひっかけたまま引っ張らないように、気をつけましょう。
時計が外れたら、ベゼルを引っ張って外し、マイナスドライバーなどで、カバーを外します。
時計の針を外して文字盤も外すと、基盤があります。
これは両脇につめがついている(だったはず)ので、壊さないように外します。
赤丸しているところに以前施工してもらったLEDが入っているので、付け替える為に外しました。
写真の赤丸しているところが、半田付けしてあります。
頂いたムーブメントにはコードは着いていなかったので、壊れたのから外して再び半田付けしました。
これで修理完了!
あとは逆の手順で元にもどしていきます。
左の写真の赤丸のボタンも忘れずに取り付けましょう。
外したLDEも新しいのに取り付けて、復元。
完成です♪
その後、時計は正確に動いていますよ!
オトシンさん、waka884さん、ありがとうございました♪♪♪
<<表紙